がんばりすぎず、ふわふわ、るんるん、で生きていく

最低限の収入でもふわふわるんるんで暮らしたい、と思っている特に取り柄もない独身♀アラフィフ在宅ワーカーの日々徒然

こんな求人広告を出す会社では、パート(バイト)しない方がいいと思う理由

 転職する気がなくても、求人広告はよく見ます。

 で、思うんです。

 

 グレーだなー、この会社。

 

 で、これまでのちっぽけな経験談からですが、求人広告を見てこんな会社では働かない方がいい、と思う理由を述べてみたいと思います。

 あ、パートとかバイトの場合です。

 

 交通費支給、とだけしか書かれていない

 

 交通費支給……これはかなりのグレーゾーンです。かくいう私が今働いているところもそうでした。これは私が面接で確認しなかったのがいけない、と今は思うのですが、まさか、今時1日500円しか出ないとは思いませんでした。

 

 交通費全額支給と書かれてない限り、全額は出ないと思った方がいいです。

 月いくらまで、1日いくらまで、と書いてあれば、まだいいです。

 

 交通費支給

 交通費支給(規定額内)

 としか、書いてなければ、面接で確認することが大切ですが、こういう会社は、基本【ごまかし体質】だな、と、私は思います

 

 

アットホームな雰囲気です

 

 私は、もう絶対に行きません。アットホームって、誰か絶対的なボスがいて、他の人は何も言えない会社だと、思っています。もしくは

 

 アットホーム=排他的

 

 家族経営、も、同じ。要は、家族の中に知らない他人が入っていく、みたいな。かなり強い意志を持ってる人でないと、難しいのではないでしょうか?

 

 私は、無理です笑。

 ボス(パートですよ)の言うことを、100%聞いて、そのボスにニコニコと気を使いまくっていて、意にそぐわない新人(自分たちのように出来ない新人)を排除する。前にいたところは、そんな雰囲気でした。私は、猫被って頑張ってたので、排除はされなかったですが、他の同期二人はターゲットになってて、陰では互い(先輩方or同期二人)の愚痴や悪口を聞きまくることになって……ほんと、気持ち悪かった……。

 

有給完備(週5日勤務の人は半年後に必ず有給がつきます)

 これ、最近見たどこかの求人広告だったんですが、違いますよ~。

 有給は、週2日勤務でもつきます。

 私は、週3日の契約ですが、ちゃんと有給がついてます。

 もちろん、週5日勤務の人よりは少ない日数ですが。その勤務日数に応じて有給はつくはずです。

 

 が、こういうことを求人に載せるということは、この会社が無知の可能性があるので、週5日勤務以外の人には有給がつかない可能性もあるかもしれません。面接で聞けるなら聞いてもいいですが、でも、こういう会社は単なる無知、というよりも、『ごまかし体質』の会社なのでは? と私は思います。

 

おいしいことを書いてる会社は要注意というか疑ってみろ

 

誰にでも出来る簡単な仕事です

 そもそも誰にでもできる簡単な仕事って何なんでしょうね? そんなのないんじゃないかなー、と思います。今の職場もそう書いてありましたが……全然誰にでも出来ません笑。それで辞めて行った人もいます。

 人を集めるため、なのか、それともこの求人を作った人の主観なのか、わかりませんが。

 

サポート体勢万全、マニュアル完備

 こんなこと書いてあって、マニュアルもなく、普通に放置されたことは、一度や二度ではありません笑。

 あまり期待しないのがよいと思います。

 

重たい物はありません

 これが工場系の求人に書いてあったとしたら……要注意と思います笑。これもかなり主観的な文言なので、もちろん重たく感じない人もいるかもしれませんが、大概重たいです笑。

 今の私の出稼ぎ先にも書いてありましたが、普通に重いです。たまに冗談めかして社員に言いますもん『重たい物はありませんって求人に書いてあったのに~』と。ちなみに、先日、出た求人広告にも書いてありました笑。

 

休憩室あり

 フルタイムの募集なのに、休憩室ありって書く意味が、私にはわかりません。たとえば、「おしゃれでWi-Fi完備な休憩室あり」なら、まあ、わかるんですが(おしゃれ、は主観的な見方ですけどね)。

 ただですね、これも今のうちの出稼ぎ先ですが、うちの求人広告にもこれが書いてあったんです。たしか、『落ち着ける休憩室あり』とあったような。でも、椅子は丸椅子でもたれかけられないし、全然落ち着ける休憩室ではありません。むしろ、1時間の休憩で余計に疲れたりします。

 面接の時に、仕事場を見学させてもらえるなら、休憩室も見せてもらうといいですよね。(私の時は、面接時では工事中でまだ完成されてませんでした)

 

面接で絶対確認した方がいいこと

交通費

 上でも書きましたが、それ以外に電車を使わない人で自力通勤の場合でも交通費が出ることもあります。○キロ以上でいくら、とか。ふだんは自転車で行きたいけど、大雨・大雪の場合は電車で行きたい、なんて場合もあるじゃないですか。そんな時、普段は使わない交通費をためておくと役に立ちますよ~。別にそこまでいらない、って人はいいですが、気のなる人は確認した方がいいです。ちなみに、うちの出稼ぎ先では交通費支給の対象は1キロ以上で、1キロ辺り12円だったかな笑。2キロの通勤だと、往復で4キロだから1日48円ですね。

 

休憩時間

 休憩は書いてあるところも、割とあるんですが、たとえば、1時間だとしても、昼休憩のみ1時間なのか、昼休憩は45分で15時の休憩が15分で合わせて1時間なのか、そういうことは確認した方がいいかもしれません。これは体力の問題で……うちの出稼ぎ先は、朝の8時半から12時までは、休憩がないんですよね。キツイんですよー、これが。

 ちなみに、うちの出稼ぎ先、求人広告では休憩1時間になってたんですが、採用後の顔合わせ(オープニングなので)で、休憩時間が15分増えて1時間15分になりました。

 これによって、何が起こったか、というと……

 休憩が1時間だったら、週4勤務でも社保加入になったんですが、休憩が1時間15分になったがために、週4勤務では社保加入対象外になってしまったです。完璧詐欺ですね笑。

 

空調設備

 夏がもっのすごく暑いとか、冬はもっのすごい寒い、とか、面接時期によってはわからないこともあるので、そこも確認をおすすめします。まあ、実際に働いてみないとわからないことではあるんですけどね、私は聞きましたよ笑。すっごく暑いと聞いて、覚悟して入りました。予想以上に暑いんですけどね。

 

休日

 完全週休2日とある場合、祝日は出勤のところもありますす。

 土日祝休みとあっても、場合によっては土曜日出勤の場合、祝日出勤の場合があります。

 あと、GW、夏期休暇、年末年始休暇、それぞれ、いつからいつまでなのか。

 予定のある人はこれらも面接時に確認しておくのがいいと思います。

 

希望はちゃんと伝えよう

 面接で希望を伝えるのは勇気がいりますよねぇ。

 でも、どうしても譲れない希望は、最初に伝えるべき、と思います。

 たとえば、土曜日休みではない会社で、土曜日は絶対に出られない、等はとても言いづらいと思いますが、出られないならそこは面接で言うべきだと思います。でないと、後でトラブルになる可能性も。

 これは、私の過去の経験からです。

 今は、もうそんなに譲れない条件はないんですが、入ってから気持ちよく働くには、希望を伝えて採用されるのが一番だな、と思います。

 だから、お互いに頑張って言いましょう。

 

まとめ

 私は今、社保加入条件では働いてませんが、10年くらい前までは、パートが社保に入るのは大変なことでした。何せ会社が入れてくれない。6年位前に働いていた会社でもそうでした。週40時間の契約でも、です。

 面接で社保の確認をしないと、なし崩しにそのままで働かされてしまうので、面接で聞く必須事項の1位でした。まあ、聞いてもあやふやにされてしまうことがほとんどだったんですけどね。

 マイナンバーが出来る前の話ですね。マイナンバーが出来たのはそういう意味ではよかったことなのだな、と思います(まだカードは作ってませんけどね)。

 

 で、私は、今、転職する気が満々です笑。冒頭に『転職する気がなくても、求人広告はよく見ます』書いたのは、本当のことですが、今、私は、転職する気満々で求人広告を見ています。

 

 求人広告を見ながら、案外グレーな物言いしてる会社が多いなあ、と思って、自分の考えのまとめのつもりで、この記事を書きました。

 おかげさまで、どういう気持ちで仕事を探すか、整理整頓できました…笑。

 

 とはいっても、自分の希望通りの仕事と会社を見つけるのは、至難の業だな、と思ったし、しかも、もう、自分のやりたくないことには手を出さない、と決めてるので、これからも、あーだこーだ、思いながら求人を見ることでしょう。笑。