がんばりすぎず、ふわふわ、るんるん、で生きていく

最低限の収入でもふわふわるんるんで暮らしたい、と思っている特に取り柄もない独身♀アラフィフ在宅ワーカーの日々徒然

在宅の仕事のはじまりは

 30代前半、パートでデータ入力をしていた会社が、その支社を閉じるということで、辞めることになり、仕事を探している時に見つけたのが

【在宅で有料掲示板の内容チェック】

 という仕事でした。当時、ネットといえば、2チャンネル。でも2チャンネルは誹謗中傷も多いから、内容をチェックした上で掲載をするという掲示板を数年前に作った、というのがその会社でした。(正確には掲示板の質は違うのですが、辞めた後も明かせない掲示板なのでちょっと脚色しています。)

 投稿が増えて、既存のオペレーターではチェックが間に合わないから、いうことでの募集でした。

 1件300文字までの投稿内容を読んで、「掲載か非掲載か」を判断する仕事でした。細かくルールが決められていて、誹謗中傷ではないか、出会い系の内容ではないか、などをチェックして、1件2円。仕事は都合のいい時間で24時間いつでも可能。ベテランさんは1時間に600件くらい処理して時給1200円くらいになる人もいる、という何とも夢のある話でした。

 が、やってみれば、そんなに簡単にいくわけがない。まずユーザーの投稿した文章を読む、というのが、普通に読む分には楽しくていいのですが、普通に読んでると見逃すんです。暗号を。出会い禁止のサイトでしたので、誰かと誰かが暗号でも使って出会わないように、細心の注意を払って処理してください、と。そうなると全てに関して疑心暗鬼です。全然進みません。出会い禁止が頭にありすぎて、悩んでる投稿に回答された厳しいすぎる意見をあげてしまったり、実際にある企業とは知らずに企業への誹謗中傷になるような投稿をあげてしまったり。

 投稿はどんどん来て、処理しても処理しても追いつかず、最高で掲載までに6時間とかかかってました。必死にやっていたら、最初は時給400円位しか処理できなかったのが、1年後位には800円位はいくようになりました。よし、これからだ、なんて思っていたら、ある時からどんどん投稿が減ってたんです。その頃、よそでは無料の掲示板が増えていました。それが原因かはわかりませんが掲載までに時間がかかりすぎたのか、審査が厳しかったのか……原因はわかりません。

 

 結局、8年位やったでしょうか。最後の頃はもうほぼ投稿もない状態で、収入も月平均6万円から7千円位まで落ち、結局、最後は「社内の社員で処理出来るので」ということで契約解除になりました。

 

 その掲示板はまだ、あるにはあるようです。オペレーターではなくなったので、中には入れないので、どんな様子かはわかりません。

 

 このお仕事の2年後位にジェットさんで入力の仕事を始めるのですが、こんな仕事が今でもあれば、またやってみたいな、と思ったりします。お仕事でしたし、ルールにのっとって投稿を読んでいかなくてはいけなかったですが、投稿内容から得た知識というのが結構ありまして、それが案外今でも役に立ってたりするんです。特に悩んでる人に対しての回答とか、私の悩みに回答してくれてるような気分になったりもして、私も人にもっと優しくしよう、なんて思ったことも。

 

 でも最近のわざと【炎上】させるような発言等を見ると、時代は変わったんだなあ、と思います。あの頃は荒れないように(いわゆる炎上させないように)チェックしていたわけで、もう今はそこまでしてもらっちゃうと、つまらないと感じる人が多いのでしょうか。

 

 あと、世の中的には個人情報にはうるさくなったけれど、動画で顔出しする人も増え、おばちゃんは、怖くないの? って思ったりもし、何がどうなってこんなんなってるのか、イマイチわかりかねる時代です。昔、雑誌の文通コーナーには住所が載せてあったけど、住所出すよりもネットで顔出しの方が安全? なのかしら?

 

 と、話が逸れました。

 

 ともかく、その掲示板のお仕事と出会えたおかげで、私の在宅ワーカー人生は始まった。もし出会わなければ、在宅で仕事するなんて期待、持てなかったと思います。