がんばりすぎず、ふわふわ、るんるん、で生きていく

最低限の収入でもふわふわるんるんで暮らしたい、と思っている特に取り柄もない独身♀アラフィフ在宅ワーカーの日々徒然

年賀状を辞められない私へ

, 職場で聞いても、年賀状は出してない、という人がほとんどです。

 が……なぜか、私は、辞められません。

 

 最近、知り合った人というのは、住所も知りませんし(LINEつながり)もちろん出しませんけれども、一度でも年賀状のやりとりをしていると、今、たとえLINEで繋がったたとしても、どうにも辞められません。いや、辞めてもいいのですが……、相手がくださる以上なかなか辞められません。

 

 たぶん、あちらも辞めたいと思ってるかもしれません。

 文面でわかります。

 

 特に、練馬というところに住んでいた幼少時、母同士が仲良くて、その繋がりで友だちになった子などとは……、律儀に毎年送り合ってますが、もう、ここ数年は、『お元気ですか?』だけだったり、相手にいたっては、何も書いてなかったりもします笑。ただ、40年前以上の……唯一繋がってる、友だち(?)なので、私は切れません。

 何でしょうね~引っ越したから、特になのかもしれません。逆にこっちの小学校の友だちとは誰とも繋がってませんし。

 

 まあ、この子は特別、まあ置いて置いて、それ以外の人たち……。

 

 もちろん、これまで、高校の時の薄い関係のもうお互いに会う気がないなあ、という人たちは、すでに、喪中きっかけに出さなくなったりしているのですが、それでも出していた人たちへ、どうするか。

 

 今年考えた苦肉の策……というか、結局出すんですけれども……手書きのメッセージ(各個人宛)は、とりあえず辞めました。

 

 で、いつも年賀状を買って、家で印刷するにしても、図案を考えて作って作っていたんですが、それも辞めました。

 

 一昨年くらいから気になってはいたんですが、↓ココ。

 

スマホで年賀状™2020 / ネットで年賀状™2020 | 年賀状のデザイン作成から印刷、配送までが簡単!スマホで使える年賀状アプリ「スマホで年賀状」も大好評

net-nengajo.jp

 

 ここで、写真だけをチョイスして、当て込んでって、メッセージも全員同じのを入力しちゃって、宛名も印刷してもらって(無料)、そのまま投函(無料)してもらおう、と。

 

 サンプル無料だったので、一枚だけ頼んでみたら、うんうん、いいじゃないの~。これで、ハガキ代+印刷代(写真用)で、1枚173円。いつもインジェット用のペラペラのハガキに印刷してたんですが、しっかりとした写真用でキレイ。お金はかかるけど、インク代とか手間とか考えても、いいと思いました。

 

 ちなみに、私は、10枚以下なので、割引はないですが、10枚以上で割り引きがあったり、

net-nengajo.jp

 

 スマホのアプリを開くと1000円以上で100円引きとかいうクーポンが出てきたりして、しかも、私は使いませんが、サンプル注文したら、直接投函したくない家への配達を希望した時の配送料無料QRコードがついてました。

 

 

 ということで、まだ注文はしてませんが、ここで出すことにします。

 

 まあ、でも……LINEで繋がってる同年代から年下さんには、後で『次で最後かも~』なんてLINEで言うのもアリかな笑。