がんばりすぎず、ふわふわ、るんるん、で生きていく

最低限の収入でもふわふわるんるんで暮らしたい、と思っている特に取り柄もない独身♀アラフィフ在宅ワーカーの日々徒然

確定申告書を郵送で提出する場合、源泉徴収票の添付はしなくていい、と今さっき知った件

 先ほど、確定申告書を作成してました。

 毎年のことなので、添付書類は頭に入ってるので、以下をペタペタと添付書類の台紙に貼り付けてました。

 

 源泉徴収票

 国民年金の控除証明書

 生命保険類の証明書

 通知カードと免許証のコピー

 

 で、確認のために、【提出書類等のご案内】ってやつで、確認していたら

 

 あれ? 源泉徴収票って書いてないぞ???

 抜けてる? いやいやまさかね。

 

 と、国税庁のサイトで確認してみたらば

 

www.nta.go.jp

 なお、平成31年4月1日以後に提出する確定申告書及び修正申告書(以下「申告書等」といいます。)については、源泉徴収票等の以下の書類の添付又は提示が不要となりました。
 申告書等には、源泉徴収票等の内容を記載する必要があります。税務署等で申告書等を作成する場合には、源泉徴収票等が必要ですので、忘れずにお持ちください。

 

 

 と、書いてありました。

 源泉徴収票は郵送申告の場合は添付しなくてよくなったんですね。

 

 いや~、ほんと、こういうのって、知らないですよね。その【提出書類等のご案内】にちらっと『平成31年4月1日以後に提出する確定申告書及び修正申告書(以下「申告書等」といいます。)については、源泉徴収票等の以下の書類の添付又は提示が不要となりました。』と書いといてくれれば、悩まなくて済んだのに😞

 

 ということで、申告書作成、さらっと終わりました。

 

 今回は、会社の年末調整では何もお願いしなくて、そっちもさらっと提出、そして、確定申告書もさらっと作成。

 

 なーんだ、こっちの方がラクじゃない。

 

 会社の年末調整って、書くの手書きだし、ほんっと面倒じゃないですか。

 

 税務署等で申告する人は、最大限年末調整されていた方がいいのかもしれませんけど、自分で申告書作って送るんだったら、こっちの方が手間無し。

 

 来年も、これで行こうと思います。

 

 しかし、今更ながら表計算ソフトって便利ですよねぇ。私、エクセルは使ったり使わなかったりですが、オープンオフィスでも充分。これに収入とか必要経費とかその都度つけておいたのも、さくっと終わった理由ですね。

 青色申告は今はやってませんけど、青色申告だって、今、いいソフトありますしね。いつ収入が増えてもおっけーだぞ笑。

 

 

 ちなみに確定申告書の受付は2月16日(日)から。作ったことに安心して送り忘れないようにしなければ😅