がんばりすぎず、ふわふわ、るんるん、で生きていく

最低限の収入でもふわふわるんるんで暮らしたい、と思っている特に取り柄もない独身♀アラフィフ在宅ワーカーの日々徒然

ねずみよりも猫が好きですが…

【スポンサーリンク】

 初めて腕時計を買ってもらったのは、小学5年の時でした。

 日曜日に、越してきた千葉から、前に住んでいた練馬まで、習い事をしに通うのに、買ってくれた、と記憶しています。

 

 その時に、どれ買う? と、母に聞かれて、私が選んだのは『トム&ジェリー』の時計でした。確か、というか、もう1つの候補は『ミッキーマウス』でした。

 

 天の邪鬼というのかわかりませんが、何せ小さい頃から『人と違うことを』の母に育てられていたので、ミッキーのグッズをみんなが持っていると、違うものが欲しくなる、という性格にしっかり育っていたんですねー。

 でも、トムは猫だし、猫が好き、というのも理由でした。一時迷い込んできた猫に『トム』と名付けたぐらいですから。

 

 

 さて、うちの職場に、ネズミさんが現れてるようです。だったら昔の米屋みたいに猫飼えばいいーんじゃなーい、と言ったら、米屋で猫を飼ってた昔を知らない人ばかりでした。何? それって、練馬だけの話なんですか? 米屋には猫でしょーよー。うち、最初の猫は同級生の米屋さんで貰ったよ(母が)。

 

 そのお米屋さんの猫は身体が弱くて、ネズミを取るとかしませんでしたけど、その後にきた、シャムとのハーフ猫は、ハンターでした。ネズミさんとか雀さんとか取ってきてよく遊んでましたねー。動かなくなると知らん顔してしまうので、母が騒いでました。

 今の猫も、ノラ時代はハンターで、外猫時代(オス猫が周りにウロウロしてるのを見つけて避妊手術してご飯だけあげてた時代)、ご飯のお礼なんだか2回くらいネズミさんをくれました。

 

 本当に、猫はネズミを追いかけるんですよーだ。

 

 うちは猫がいない時代にハムスターを飼ったこともあるので、まあ、モフモフであれば、何でも好きなわけですが……、さすがにドブネズミは、こわい。

 うちの猫が取ってきた(お礼にくれた)のは、どちらも白っぽい小さいネズミさんでしたけど、うちの職場に出るネズミさんはドブネズミさんで……先日、死体があったんですが、死んでると思って、顔を観察して、顔は可愛いんだよねー、なんて思ってたら、そのネズミ完全には死んでませんで、立ちあがりはしませんでしたがビクビクビクッと動きまして、尻尾はミミズの様に長くてとぐろ巻いてるし、動いた途端に怖くなりました😱

 

 昔、東京駅で働いてた時も、何せ、女子だから、お菓子とか持ち込んで食べるので、ネズミさんがよく出てました。

 今の職場も、女子が多いんで、きっと、そのせい。

 

 でも、これ、面接で使えるなー、と思いました。『なぜ辞めたんですか?』とか聞かれたら『ネズミが出るような会社だったので、生理的に無理でした』とか言えそう。

 

 これに関しては、ありがとう、ネズミさん。……😅

 

 あ、トム&ジェリーの腕時計のその後の話。その頃は、トム&ジェリーのグッズってたくさんあって、小さなボストンバッグ(バレエ行く時にバレエシューズとトゥシューズとレオタード入れて行ってました)、トムのぬいぐるみ(モンチッチと同じ大きさだったので、並べてます←現在形)、その他にもいろいろ持ってましたけど、アニメ放送が終わると、めっきり見かけなくなり、結局、中学に上がった時の目覚まし時計はミッキーマウス、その後、1メートルぐらいの大きなミッキーマウス(顔と手足がソフビ)を買ってもらった節操なしです…苦笑。

 検索したら、こちらに近いかも? ↓

racimall.com

 ここに出てるのは360mmですが、うちのはもっと大きいです。子供用のミッキーのTシャツ着せてます(今も、ある笑)。

 さすがに、大きいんで、捨てられないんですよねぇ。

 今、トムのおっきいぬいぐるみ(1メートルぐらいの)があったら、買うかもしれません。ミッキーの横に置くよ?

 

 としまえんのその後はまだ、わかりませんが、ワーナーが何かするなら、ハリポタだけでなく、ぜひ、トムとジェリーも置いてください。ムーミンは実現したから、今度はトムとジェリー。

 いやいや、でも、私は、基本はとしまえん継続派ですけどね…笑。だって、みんな閉園だーって騒いでるけど、まだ【閉園の検討に入った】ですから。まだわかりませんよー。ワーナーととしまえんが仲良くして、リニューアルオープンとかしてくれたら嬉しいんだけどなー。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】