がんばりすぎず、ふわふわ、るんるん、で生きていく

最低限の収入でもふわふわるんるんで暮らしたい、と思っている特に取り柄もない独身♀アラフィフ在宅ワーカーの日々徒然

派遣を躊躇してしまう理由を考えてみた

f:id:tukikanasoraomoi:20190614140813j:plain

Jan AlexanderによるPixabayから

 

 働き始めて3年くらい経つと、環境を変えたくなる。

 

 それなのに、仕事を探す時には、派遣じゃない直雇用を探す。

 

 3年で環境を変えたくなるならば、別に、派遣でもいい。

 

 なのに、なぜ、派遣を選ばないのか。

 

 

 

 

 自分でも不思議な感情なのです。

 

 でも、どこかで、3年経っても続けたい、と思える職場を探したいのだろうな、と。

 

 派遣だと3年でおしまい。その後、直雇用に繋がるかといったら確約はない。

 

 その後、別の派遣先に行けるかどうかも、定かではない。

 

 無職になる覚悟もしておかなければならない。

 

 

 

 でも、今は、派遣でもいいかなあ、と、思う自分もいる。

 

 ええ、単に、今、逃げたいなー、と思ってるからです(苦笑)。

 

 

 

 

 ただ、私は、逃げてもいいと思ってます。

 

 自分の責任で。

 それでも何とかして生きていく、と思っているならば。

 

 稼ぐ、稼がない、なんて、その人の問題で、家族がいるとしてもその家庭の問題だと思うのです。

 

 ちゃんとお金の面とか、生活の面とか、考えて、綿密に計画をたてて、誰にも迷惑をかけず、もしくは理解を得てから逃げるなら、別にいいのではないかと。

 

 あとの責任を自分で取れるなら、逃げてもいい、と。

 

 ただ、人生は思い通りにはいかないので、そこら辺も考えなきゃいけませんが。

 

 

 なので、私も、逃げたいけれど、熟考中です(笑)。無職期間が出来るとしたら、それはかなり痛すぎるので。

 

 

 私が若い頃の派遣っていうのは、高度な仕事が出来ないといけないイメージでした。いつのまにか、軽作業の仕事も増えてきて、選択肢にいれやすくなったな、とは思います。

 

 と、派遣について考えたのは、家から割と近いところで、ちょっと前に派遣での募集があったからなんですよねぇ。今回はスルーしてしまったんですが、働く条件としては最高でした。で、改めて、派遣として働くこと、をいろいろ調べて考えて(その間に募集は締め切られ)、今に至ります。

 

 

 出稼ぎ先で、ここんところ、シフトを減らされていたので、何といいますかねぇ、居場所がなくなってた、というか( ̄∇ ̄;)、仕事じゃないんですよ、昼休み。座るところがなかったりするんですよね。オープニングで入った時から、お昼休みの場所って大体決まってたんですが(私としてはどこで食べてもいいじゃん、と思ってたんですが、何か、全体が、各々席を決めて……何かそこで食べなきゃいけないような雰囲気になったんですよ)、新しい人が入ってきたりして、今まで座ってた席に別の人が座るようになっていて、毎回、空いてる席を探さなきゃいけなくなったんですよね。

 

 大きい休憩室で、席がたくさん空いてるなら、別にいいんですが、そうではないので、それがねぇ……「今日、○○お昼で帰るから、そこ座れるんじゃない」「○○休みだからここ座れるよ」とか、そういう感じなのですよ。

 

 昨日は、工場長が「いつも座ってるところにいないと変だな」と、私を見て全体に言ってましたが……、空気読んでないのか、もしくはわざと言ってるのか、イマイチ掴めませんでした(苦笑)。

 

 あ~、わた定に出て来るような休憩室に憧れます(笑)。別におしゃれじゃなくていいから、広くて、どこ座ってもいい、みたいなのに。昔、いた職場はそうだったんですよねぇ。まあ、日勤が少なかった、ということもありますけど、みんなそれぞれ悠々と休憩出来たんですよ。

 

 こんな小さいことでも、逃げたくなるもんなんですよ。つーか、お昼休みって結構重要ですよ。落ち着かないと、休んでる意味もない。

 

 近くに公園でもあれば、公園行くんですけどねぇ……公園なんてないですし、あと雨の時は行けないですし、ますます居場所がなくなってしまう。

 

 と、結局は言い訳と愚痴でした。

 

 

www.saintmedia.co.jp