がんばりすぎず、ふわふわ、るんるん、で生きていく

最低限の収入でもふわふわるんるんで暮らしたい、と思っている特に取り柄もない独身♀アラフィフ在宅ワーカーの日々徒然

国勢調査の世帯主が10年前に亡くなった母の名前だった件笑

【スポンサーリンク】

 国勢調査……もう回答しましたか?

 私はネットで済ませました。

 

 ということで、今回国勢調査についてのお話です。というか……、のっけから面白すぎました。

 

 国勢調査とは…

www.stat.go.jp

国勢調査は,日本に住んでいるすべての人及び世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で,国内の人口や世帯の実態を明らかにするため,5年ごとに行われます。

 

 と、総務省統計局のホームページに書かれています。

 

 ふうん、5年ごと、に行われるんだね。5年前の記憶が全くないのですが……、5年ごとね。

 

 ん? 5年ごとなの???

 

 ってことはどういうこと?

 

あれは仕事から帰ってきた夕方、猫のための草を抜いていた時だった笑

 毎日ではないけれど、買い物とか仕事から帰ってきた時に、ついでに猫のために草を引っこ抜くんですが、その日も柔らかそうな草を選んで抜いてました。

 すると「国勢調査のお願いなんですが」と。男女の二人が声をかけてきました。

「●●(名字)△△(母の名前)様でよろしいでしょうか?」

「それは母でもう死んでます」

「あ、ああ、そうでしたか」

「もう10年前ですけど」

 

 

 はい。ここでおかしなことに気づきませんか?

 

 国勢調査は5年ごとに行われるんですよね? なのに、なぜ、10年前に死んだ母の名前で来るのか……苦笑。

 

 どうやら父は死んだことになってるけど、母は生きてることになってたみたい。

 

 でも、5年前も調査票出してるんですよね。……記憶にはないけど。

 

 いや、これはもう、記憶にないので、何とも言えませんけど……当時、調査票を受け取ったのは父。うちは世帯分離してるので、たぶん、私は私で調査票を書き、父親にも「お父さんも書いてちゃんと出しておきなよー」くらいなことを言って、父は父で調査票を書いたのかもしれません。

 その時に、もしかすると、母の名前を書いたのか……? も?

 

 そこはわかりませんけど。

 

 

 にしても、それはないんじゃないのー? って思ってしまいました。

 

 だからこその国勢調査、なんですかね?

 

 ちなみに、その調査票の説明書の表に、母の名前が鉛筆で書いてあったんですが、それを消して私の名前に直されて渡されました。

 これも不思議。うちは親と私は世帯別だったので(もう20年くらい前に分離しました)、本来なら、私の名前の書いた調査票がもう一組あったはずです笑。

 

ほんと国のやることはちょっと抜けてておもしろい

 これ誉めてませんからー。おもしろがってませんからー。

 😅こっちの…苦笑、って意味ですからー。

 

 ホームページには

 国勢調査から得られる様々な統計は,国や地方公共団体の政治・行政において利用されることはもとより,民間企業や研究機関でも広く利用され,そのような利用を通じて国民生活に役立てられています。

 と書いてありましたけれども、あんまり役立てられてる実感はないなあ。どうせなら、『食費は月にどのくらいかけますか』『自由に使えるお金は月にいくらですか』みたいな調査だといいのに。

 

 

 今回、私はネットで回答しましたけど、ラクで助かった。この調子で、早く選挙も出来るようになるといい。マイナンバーカード持ってる人だけでもいいから。(←マイナポイント設定しちゃったらもう今のところ暫く使い道がないので😅)

 

【スポンサーリンク】